2019年11月09日

系統論理447 チコちゃんに叱られるか?科学の再現性とは

NHK土曜の朝(2019/11/9)番組からです。
マツタケの値段は、なぜ高いか。この回答は、プロパンガスの普及にある、確かに
そのとおりです。松林に雑木や熊笹では、マツタケは生えません。雑木を燃料にし
ていた頃は、熊笹も少なかったと記憶しています。

ところで、樹木が適当な間隔を保っていた頃と現代では、かく木の根張りに、当然
大きな差が出ます。土砂崩れが、地層や地質だけで説明することは、無理なのです。
多くの作物が、一定の間隔に育てられるのと同じ理屈です。
それぞれ種によって、間隔は異なりますが、食卓に乗るモヤシは、それ以上伸びる
必要はありませんから、密植があたりまえです。

無理な話に、松枯れに、マツノザイセンチュウ説があるのですが、この偽科学も早
く打ち切らないと、前項に指摘したように、実態的にも、学問的にも被害は、続き
兼ねません。
元園芸店・店主が遠慮なく指摘しますと、樹木から1メートル以上離れたら安全と
言う粒状除草剤など、無理難題が店頭の棚に乗っているのです。松がイオン化され
ていない農薬の、樹幹注入で殺されています。(どのページか、わかりませんが、
私のブログには、言ってあります。)

マツタケ山にしたければ、しかるべき葉面散布除草剤を、上手に使いこなす工夫も
必要です。

私は松枯れの画像全てが、除草剤で説明できると、言い続けてきました。
前項で指摘したように、虚言を前提に論理を展開したら、詐欺との違い説明困難に
なります。普通の土壌の松に、数ミリの穴を開け、マツノザイセンチュウを注入し
て見せる、再現性は簡単に試験できるはずです。

ブラックホールを見つけた男 アーサー・I・ミラー 坂本芳久 [訳]
小説を読むつもりで選んだが、途中で投げ出したくなる。後半は原爆だ。物理学は
余計なことまで進歩したのに、自然科学のご粗末よ。
******************************************

ここから先は、再び堆肥の話です。

IMG_2296 (1).JPG
本日(2019年11月11日)の午前の風景です。道路から奥を覗き見しますと、相変
わらず籾殻の山です。

IMG_2295 (1).JPG
キゥイの葉全部を集めた状態、当然大きな容器で全部集めるのに二人で1日かかり
ました。簡単に、米ヌカを頭にふりかけた様子です。


IMG_2298 (1).JPG
籾殻をのせ、尿素をひとつかみ載せました。午後は 夕立の予報を期待しての作業
です。この原稿は、その落雷と雨音を聞きながら、急ぎ仕上げています。


IMG_2293 (1).JPG
この作業、材料が軽い為、マレットゴルフの運動と大差ありません。あんこ部分の
落ち葉やキゥイの緑葉に、尿素や米ヌカが沁み込んで行きますと、発酵が始まり、
水蒸気の水分は、籾殻の山、その内部から染み渡る仕掛けになります。単に籾殻の
山では、中心部まで水分が届きにくいのです。したがって、家庭から出る生ゴミも
大歓迎です。

キゥイの根は、菜園中の地下全体に走り回っています。管理が出来なければ、その
時は切るのではなく、粒状除草剤で安楽死を覚悟しなければならないのです。根を
残しますと、近所迷惑な繁殖ぶりをすることになるからです。
現在ご近所には、了解を得て液体除草剤の散布を、私自らの手で管理しています。
この事実から、キゥイの根からの病害は、大きな疑問ですが、堆肥の効果が無視で
きません。長芋・山芋収穫時には、土壌深くを掘りますが、赤く太い根に時々出く
わします。

キゥイヒメヨコバイが唯一の害虫であり、その他の病害虫は、経験していません。
彼らの越冬先は、枯葉が中心ですから、発酵による退治が期待されます。
ヒメヨコバイの残党は、オス木の葉に残っていました。体長1・2ミリこの昆虫の
卵が、どこで越冬可能になったのか、いつ頃侵入したのか、謎ではありますが、と
あえず今は、地球は丸いから、とでもしておきましょう。

水害大国と言う言葉が、新聞に現れます。しかし識者の言い分は、具体的な原因に
迫っていません。マスコミも早く真相に迫る必要が出ているのです。ここに至って
抽象的意見など無意味な話です。

既に里山や緑地・農地の岩石土や樹木が、長時間豪雨によって、削り落とされる、
その結果の災害です。これは現実におきている事実であり、今後も100%の確率で
日本のどこかで、豪雨のたびに起きることで、仮説で語られる話ではありません。




posted by suwa-engei at 17:42| Comment(0) | 土壌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。