2019年11月09日

系統論理447 チコちゃんに叱られるか?科学の再現性とは

NHK土曜の朝(2019/11/9)番組からです。
マツタケの値段は、なぜ高いか。この回答は、プロパンガスの普及にある、確かに
そのとおりです。松林に雑木や熊笹では、マツタケは生えません。雑木を燃料にし
ていた頃は、熊笹も少なかったと記憶しています。

ところで、樹木が適当な間隔を保っていた頃と現代では、かく木の根張りに、当然
大きな差が出ます。土砂崩れが、地層や地質だけで説明することは、無理なのです。
多くの作物が、一定の間隔に育てられるのと同じ理屈です。
それぞれ種によって、間隔は異なりますが、食卓に乗るモヤシは、それ以上伸びる
必要はありませんから、密植があたりまえです。

無理な話に、松枯れに、マツノザイセンチュウ説があるのですが、この偽科学も早
く打ち切らないと、前項に指摘したように、実態的にも、学問的にも被害は、続き
兼ねません。
元園芸店・店主が遠慮なく指摘しますと、樹木から1メートル以上離れたら安全と
言う粒状除草剤など、無理難題が店頭の棚に乗っているのです。松がイオン化され
ていない農薬の、樹幹注入で殺されています。(どのページか、わかりませんが、
私のブログには、言ってあります。)

マツタケ山にしたければ、しかるべき葉面散布除草剤を、上手に使いこなす工夫も
必要です。

私は松枯れの画像全てが、除草剤で説明できると、言い続けてきました。
前項で指摘したように、虚言を前提に論理を展開したら、詐欺との違い説明困難に
なります。普通の土壌の松に、数ミリの穴を開け、マツノザイセンチュウを注入し
て見せる、再現性は簡単に試験できるはずです。

ブラックホールを見つけた男 アーサー・I・ミラー 坂本芳久 [訳]
小説を読むつもりで選んだが、途中で投げ出したくなる。後半は原爆だ。物理学は
余計なことまで進歩したのに、自然科学のご粗末よ。
******************************************

ここから先は、再び堆肥の話です。

IMG_2296 (1).JPG
本日(2019年11月11日)の午前の風景です。道路から奥を覗き見しますと、相変
わらず籾殻の山です。

IMG_2295 (1).JPG
キゥイの葉全部を集めた状態、当然大きな容器で全部集めるのに二人で1日かかり
ました。簡単に、米ヌカを頭にふりかけた様子です。


IMG_2298 (1).JPG
籾殻をのせ、尿素をひとつかみ載せました。午後は 夕立の予報を期待しての作業
です。この原稿は、その落雷と雨音を聞きながら、急ぎ仕上げています。


IMG_2293 (1).JPG
この作業、材料が軽い為、マレットゴルフの運動と大差ありません。あんこ部分の
落ち葉やキゥイの緑葉に、尿素や米ヌカが沁み込んで行きますと、発酵が始まり、
水蒸気の水分は、籾殻の山、その内部から染み渡る仕掛けになります。単に籾殻の
山では、中心部まで水分が届きにくいのです。したがって、家庭から出る生ゴミも
大歓迎です。

キゥイの根は、菜園中の地下全体に走り回っています。管理が出来なければ、その
時は切るのではなく、粒状除草剤で安楽死を覚悟しなければならないのです。根を
残しますと、近所迷惑な繁殖ぶりをすることになるからです。
現在ご近所には、了解を得て液体除草剤の散布を、私自らの手で管理しています。
この事実から、キゥイの根からの病害は、大きな疑問ですが、堆肥の効果が無視で
きません。長芋・山芋収穫時には、土壌深くを掘りますが、赤く太い根に時々出く
わします。

キゥイヒメヨコバイが唯一の害虫であり、その他の病害虫は、経験していません。
彼らの越冬先は、枯葉が中心ですから、発酵による退治が期待されます。
ヒメヨコバイの残党は、オス木の葉に残っていました。体長1・2ミリこの昆虫の
卵が、どこで越冬可能になったのか、いつ頃侵入したのか、謎ではありますが、と
あえず今は、地球は丸いから、とでもしておきましょう。

水害大国と言う言葉が、新聞に現れます。しかし識者の言い分は、具体的な原因に
迫っていません。マスコミも早く真相に迫る必要が出ているのです。ここに至って
抽象的意見など無意味な話です。

既に里山や緑地・農地の岩石土や樹木が、長時間豪雨によって、削り落とされる、
その結果の災害です。これは現実におきている事実であり、今後も100%の確率で
日本のどこかで、豪雨のたびに起きることで、仮説で語られる話ではありません。




posted by suwa-engei at 17:42| Comment(0) | 土壌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

系統論理446 温暖化の科学は 最新の信頼できる情報に頼るべきだ


IMG_2289.JPG

このキュウイ、呼び名も様々ですが、語源の由来は、動物のキゥイではないそうです。
問題は市販の輸入品より糖度が落ちるので、検索を試みているのですが、確かな情報
得られていません。
むろん、りんごやバナナと一緒にし、追熟させれば、とりあえず甘くはなります。
かし、それで輸入品の方が上です。これでは、筋金入りの有機農法者のメンツも
まるつぶれです。

しかし、ニュージーランド栽培農家、実際例の写真から思わぬことに気がつきました。
IMG_2290.JPG
その原因は、日照不足ではないのかということです。ニユージーランド栽培農家の女
の姿に見惚れているから、肝心なことに気がつかなかったのです。
来年からは欲張らず、数を整理する予定です。品種はゴールデン、樹齢は25年を越
えているはずです。
温暖化によって、1994年に植えた苗木は、接木技術の進歩であっても、2〜3年は
過していますから、推定樹齢は25年以上と言えるのです。

しかし高冷地と言われた諏訪地方で、ニュージーランド産に勝る技術は確立されてい
せん。暖地の国内産の企業秘密も伝わってきません。そうなりますと答えは、自分
で見つけなければなりません。

「地球温暖化論に騙されるな」丸山茂徳先生の出版は2008年でしたが、最新の本は
年(2018年)出版の「絵でわかる地球温暖化」渡部雅浩先生の本があります。

当然 温室効果ガスが、二酸化炭素CO2 だけに集中されますと、かつて大気圏に1.4
%(丸山説)が、今や3〜4%と、より計算式も複雑化し、深刻化します。
しかし キゥイの樹木が、この調子では、温暖化を認めざるを得ません。

それから比べますと、メタンの方が解りやすく、具体例は目の当たりに見えます。
項の続きですが、水田も残された有機物、稲わらや根が早めに分解されていたら
タンの発生は減少するのです。その方法は既にお分かりでしょうが、松本微生物
株式会社のオーレス農法がヒントになり、同社指導役小林達治先生の著作物から
強い影響を受けています。
ただし自然界の出来事は、全て正しいとは限りません。実験によって、先生の結論
を評価するのは、自己責任だと思います。学会で支持された VA菌根菌も光合成細
菌も単独では効果が見られず、ある種のサプリメントのような存在でした。(こと
のついでに、ボケやバラ科の木鉢植えには、根頭癌腫病になりやすかった。原因
赤玉土や鹿沼土など、細菌が単純化していることにある。完全に発酵し尽くされた
堆肥と混合すれば、防げる。アグロバクテリウム・チュミファシエンシスと言う、
たらしいこの名の細菌は、DNA研究にも使われたらしい。この論理は、街路樹や
農地の花卉栽培にも共通です。又確かな実験に基づく、樹木医を志す人々への初歩
的な話です。)

ここで加筆するなら、常緑樹や針葉樹類は、落葉樹ほどにはアブシジン酸の影響を
受けていない、従って弱った樹でも、ニカ鉄イオン水が吸収できていれば、来春の
新芽は(除草剤の吸収はないという条件付きで)展開します。

実際には二酸化炭素に次ぐメタンの発生量も増加の傾向にあるそうですが、その
な水田は、お米の品質や収量も劣るはずです。

IMG_2291.JPG
東西いずれからでも、太陽光が果実に当たるようにしてみました。
IMG_2292.JPG
実験に実験を重ねてみます。植物ホルモン・アブシジン酸が働き始める9月剪定
すべきだったのかもしれませんが、霜の降りるのは11月10日と、勝手な予想を立て
行しました。太枝を切っても、今なら水は出ません。アブシジン酸も当然、気候
動の影響を受けるはずです。

某新聞の地方版に、信濃の水害は活断層の影響と?・・困りますねぇ先生。そのよ
うな根拠のない話は。

論理なき推定論は、当たるか、外れるかのパチンコ屋的発想に過ぎません。豪雨禍
の確率は、年々高くなるでしょう。小・中・大の水路構造を変えたデメリットは、
私たち人間の仕業です。活断層も地質学者も、この問題を避けては通れないのです。
同時に疑うべきは、温暖化でしょうが、上記問題に着手し、過去より高度な技術で
自然を取り戻せれば、進歩的答えは、何がしか、必ず出ます。
ここで、さらに注目すべきは、コンクリートそのものが、生産過程で全体の CO
排出量の17%とする見も、無視できないところでしょう。

もし私の論理に大きな過ちがなければ、昨今の災害は、自然を曲げた結果の脆弱性
らなる、崩壊の始まりであると考えてください。今のところ、マスメディアから
は、専門家のシミュレーションは伝わってきません。部分的災害地の人的・物的復
旧は当然ですが、現今の災害は、忘れた頃にやって来る性質のものではないような
気がいたします。

若年層には解りづらいかもしれませんが、例えばコンクリートと天然岩石の寿命を
比べてみてください。確かに活断層は、地震の出処ですが、地球史的には遥かに古
いのです。だから、これは予知不可能と言われています。農地の構造的問題や里山
のあり方など1世紀も経ておらず、温暖化もごく最近の話題です。今後の豪雨や、
それにともなう災害の確率は、極めて高く、居住地付近を整備するより、元を正す
必要に迫られているのです。

追記 劣等感を持ち続けて生きてきた私ですが、魚が泳げない湖の環境の中で、諏
訪湖は透明度も増し、すでに人間が泳げるレベルにある、と言う人もいるのです。

真夏に如雨露(じょろ)で、鉢植えの植物に部分的水やりのため、100リットルの
水瓶に水道水を満たしておきます。やがて高温が続きますと、水道水がアオミドロ
濁ってしまいます。それが、アオコの先輩であるシアノバクテリアの仕業です。
液体肥料にシアノバクテリアは発生しません。むろんアオコなど論外です。窒素元
素など、見た人はいません。水温が低温時の透明が当たり前です。
私の知る漁業組合長の本質は学者です。ワカサギ釣り開放は、上記の理論を十分知
りうる人の判断で、その英断に敬服しています。

要約すれば、アオコが消えて喜んではいられない、ものには限度があります。藍藻
類のアオコも過剰な栄養で死滅したのは間違いのない事実です。完全な誤解論文で
学位・博士号とは不思議な国ですよね日本は。
再現性のないマツノザイセンチュウ説を前提にした論文も問題ですが、水環境問題
でも、深い繋がりがあります。

特に後者は、日本の浮沈に関わる問題で、対策が後手になりますと、経済的にも疲
弊しかねない問題です。この点において、国費で研究する立場の人々が、具体策を
提示せず、傍観では大問題です。なんの為の学会ですか、私は厳しい反論・議論を
覚悟の上で待っています。



posted by suwa-engei at 14:31| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

系統論理445 水は"ささやき”から怒号に変わった。静めるのは神ではなく人間だ。

IMG_2283.JPG
リチャード・フォーティによると、ゼニゴケは(私の読み違いでなければ)約4億年
前に、海から陸に這い上がった最初の植物だそうです。
私の経験によれば、日照時間の短い所の雑草に、葉面散布除草剤を使いつづけますと
必ずゼニゴケが繁殖しました。同書の「日陰の主役たち」に詳しく語られていますが
このように、私が知的に劣るかわりに、経験が読解力を助けてくれています。

生まれ故郷の惨状を動画で見て、なぜ奥地まで構造的に都市化する必要があったのか
あらためて前項系統論理444を、自ら確認しています。山林でマツノザイセンチュウ
論否定と等しく、老い先短い私に遠慮せず、論理を展開して頂きたいのです。

IMG_2284.JPG
IMG_2285.JPG
アシタバは、茎が赤系は寒さに強いと言われますが、ご覧の通り下から上まで淡い緑
です。図は刻々と真実を伝える為にあり、本稿も追記があるかもしれません。しかし
これまで私が指摘した数々の事実を認めるか、否かが大前提になりましょう。

IMG_2286.JPG
左の白菜とキャベツは、完全に結球しています。この現象は、私の菜園ばかりでは
ないと見え、隣の割烹伊織様でも、知人から贈られる野菜の多さに悲鳴をあげてい
ました。この反動が、冬の高値にならないことを、ここは神に祈らなければなりま
せん。

IMG_2288.JPG
冒頭のゼニゴケは根のない植物、それが進化して針葉樹や様々な植物に。白菜も育て
方により、このようになりました。大小比べてみますと、根の大きさが正比例の関係
にあることがよくわかります。

佐久市入澤は、山間の集落で1本の川が、千曲川に流れ込む構図です。したがって橋
数も多く、昔から川に沿った主用道路が、豪雨時に崩れたという事故はありました。
しかし私の記憶するところ、それは部分的で、今回のような大事故にはなっていませ
ん。普段は、河辺や川底全面にミゾソバの花咲く小川でした。とりあえず今、生活の
為の補修は急がれますが、今後は環境問題と言う系を広げた発想が求められます。*

千曲川の源流付近は、高原野菜の大産地です。縮小する諏訪盆地と形状に変わりあり
ません。リチャードは、小さな細菌やゼニゴケの生い立ちから、現代の地球を説明し
ます。その逆に、私たちは大きな自然系・生態系から失ったものを取り戻す必要があ
るのです。そう考えますと、具体的に何をなすべきかが分かるはずで、環境問題に系
を広げての発想が、おのずと生まれてくるのではないでしょうか。

*入澤のドローンの図は極めて貴重です。住み慣れた住民の皆さんは、気がつかない
かもしれませんが、地形や保水に関する項目の数々の変貌ぶりは、私の想像を超えて
いました。たった半世紀の出来事と、人間が住み着いた太古の歴史と比べ見る必要が
ありそうです。全国的にも治山・治水の科学分野に学問的進歩が見られません。従っ
て、これが千曲川水系の縮図であることは、言うまでもありません。(追記 動画は
既に消されていますが、私は数回繰り返し見る事ができました。科学のため保存され
る事を望みます。)

入澤事例から、より具体的に指摘しますと、水田地帯が消えますと溜池も見当たりま
せん。これでは保水力の減少と共に、本流に栄養塩が集中する事になります。
同時に先日のような集中豪雨では、岩石や流木も防ぎきれない事になります。この
時間にわたるエネルギーに、コンクリート擁壁が耐えられるか、どうかです。本流
ミゾソバを復活させましょう。例えば、小川に至る手前か中間の地堀り水路に、お金
はそれ程かかりません。しかし地形的には必要不可欠だと思います。

私たちはコンクリートやアスファルトを過信してきました。諏訪湖でワカサギだけ保
護しても、昔に戻れません。入澤の小川には、大量のアブラハヤが、ミゾソバに囲わ
れた流れ緩やかな場所で、渦巻き状に乱舞していたのですが、今はどうなっているの
でしょう。地堀り水路で、肥料栄養が消化され、本流の小川に落とされなく出来れば
復活します。

「地球温暖化論」に騙されるな!著者丸山茂徳先生の著書は、2008年の出版です。
私は自分の考え方と異なる学者(東京工業大学院教授)の意見も興味を持ちます。
かし、10年以上経過した結果は、先生の見解と大きく異なっています。私は二酸化
炭素よりメタンに力点を置いてきましたが、地球上の人口が増加する分だけ、窒素や
リンによる水質悪化は避けられず、酸素を減らし、温室効果ガス・メタンを放出し続
けた結果は明らかです。

この点では、二酸化炭素が大気中ににおける割合が、もともと0.014%に過ぎず、温
室効果として疑問であるとする丸山先生の意見は、直ちに無視できないと思います。
逆にメタンには注目されているようです。ソウコナキャ嘘だ、と私は胸をなで下ろし
います。
構造的に起きている問題が、長野県ばかりであろうはずはなく、日本ばかりか、国際
的問題かもしれない。その計算式の材料は、現実にあるのですから。

このように考えますと、地球史的論理「寒冷化は、確実にやってくる」とするという
同書の部分は、私には読む必要がなくなります。その理論が正しくても、見届ける時
間がないからです。
それに頭の良いはずの人類が、コンクリート水路で、農地の余剰の肥料を、河川に垂
れ流し、その結果についての反省が見られないからです。これは現代人にとって、急
のはずです。垢に塗れた岩石を含む土と、鮎やウグイが生存できた頃の土では、豪
雨時の挙動に変わりないと思いますか。(釣りマニアの私が、区画整理事業・工事の
現場で直感的に覚悟した事実だ。他人の趣味と思えば些細な話だが、今日の水害と全
く無縁ではなかった。と言うより、説得しようにも、科学者不在だった。

かくして必要なものは、住民の皆さんの団結力です。かく言う私の死後の塵は、
ヶ岳を越える事はありません。頂上で見守るだけでしょう。



ふるさとに対し 私は完全に浦島太郎 

飲用水がない? はてな あの山裾には清水が湧き出で サワガニもいた 
その上方の水が飲めないなんて どういうことなんだ 

泳げないカナズチの連れ合いの前で 千曲川の深きに潜り 岩下の穴から
ウグイを捕らえ 口に1くわえ 両手に1尾づつ 計3匹を持ち自慢した

あの頃の千曲川は、かくも澄み渡り 支流の水あるところ 必ず魚がいた
カバシラの乱舞 大型のトンボ・オニヤンマの飛行など当たり前だった

IMG_2287.JPG


posted by suwa-engei at 12:19| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする